レーシックで失明をしてしまう可能性

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:200522

1日の摂取カロリーが多いから太る。
だから、しばらくカロリー計算してご飯を作ってくれない?
…と以前、ダイエットを始めた妹に言われました。

始めは計算しながらやっていましたが、
そのうちに、でたらめなカロリーを伝えて、
実際はカロリー計算なんかしませんでした。

しかし、
それでも妹は2`も体重を落としたんですよ!

ミーが言いたいのは、
「大切なのは摂取カロリーだけではない!」
という事なんです。

ミーが妹のダイエットの為にやったことは、
カロリー計算ではなくバランス計算なんです。
これは、ミーがダイエットに成功した方法です。

以前は、ミーも
カロリーだけを気にしてご飯していました。

でも、少し考えてみてください。

コンビニなどのお弁当。
今は低カロリーなものもありますが、意外とカロリーが高いですよね。
みなさまも買う時、中身を見るのと同時に、カロリーも見ていませんか?
ミーもついカロリーを見て決めていたりもしました。

肝心の中身ですが、
バランスがとれてる!って思いますか?

例えば、ハンバーグ弁当。
ハンバーグ、から揚げ、ゆで卵、スパゲッティ、ポテトサラダ、ごはん…
明らかにバランスが悪いですよね。
高カロリーな物は比較的バランスも悪いんです。

つまり、
カロリーを気にするなら、
バランスよく食べるのが一番なんです!

バランスがとれていてば、
たとえ同じ高カロリーだったとしても、
身体に与える影響は違ってくるんですよ!

現に妹が痩せた時も、
恐らくカロリーとしては妹が今まで摂ってきたのと、
さほど変わりはないと思います。

なのに、なぜダイエットに成功したのかというと…
それは、やっぱりご飯の内容なんですよね。