レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:200630

友人と同じ日に同じ減量を始めたのに、
友人の方が痩せていくのが早い…

なんで?
こう思いますよね。
だって、同じ日に同じ減量を始めたのに!
痩せるスピードが違うなんて…

俺は痩せられないのかな、
何か間違ってるのかな、
こう疑問ばかりが浮かんでしまうかもしれません。

しかし、落ち着いて考えてみてください。
友人は、
減量前も自分と同じ生活、食事をしていましたか?
きっと違うはずです。

今までの生活パターンが違うなら、
痩せるスピードにも違いか出てくるのは当然の事なんです。

だから、友人は順調に痩せはじめてるのに、
俺は全然…と落ち込む必要もないんです!

自分の体は今痩せるための準備運動をしているだけであって、
減量を棄権したわけではないんですから!

準備運動が終わって、
痩せる体制になれば減量も順調に進むはずです。

俺も以前は無理な減量ばかりしていたので、
ちゃんとした減量を始めた時はなかなか痩せなかったんです。

無理な減量で痩せて、リバウンド。
この二つが体に染み付いてしまっていたので、
痩せる体制になるのに少し時間がかかってしまったんです。

しかし、
時間とともにしっかり体重も落ちはじめ、
全体的にバランスが取れはじめました。

体重の変化・痩せるスピードだけで
一喜一憂していてはダメなんです。

最終的な目標を思い返してみてください。
俺もそうでした。

体重を落としつつ、本当の意味での減量成功!
これを実現させる事ですよね。

他の人より痩せるのが遅いからと、悩まないでくださいね。
しっかりした減量をやっているのであれば、
皆さんもきっと減量に成功しますよ!




レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシックで失明をしてしまう可能性
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報局