レーシックの後遺症は一時的

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:200625

1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
俺が
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
嫁は「俺の乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は嫁の方が車に乗る機会が多いので、
嫁にとっては不便なのにもかかわらず、
俺が喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
俺は何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
俺が出掛ける時には、
嫁はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「嫁は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
俺に持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
俺は涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、俺はハッとしました。

日々作ってくれるご飯…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに嫁の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「俺はこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
俺の愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

俺は嫁のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
俺が一方的にその愛情を与えるだけで、
嫁の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

嫁のことが好きだからといって、
その愛を嫁に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。