レーシックまるわかり情報局

レーシックまるわかり情報局

当サイト「レーシックまるわかり情報局」ではレーシックに関する様々な情報をお届けしています。
貴方の視力回復に役立てるようにまずはブックマーク登録をしておくと良いでしょう。視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。

 

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。

 

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。




レーシックまるわかり情報局ブログ:200715
自分でおやつを買わなくても、
もらったりする機会ってありますよね?

引き出物やおみやげ、お中元、お歳暮などなど…

ボクもつい前、
友人からおやつの詰め合わせを
もらう機会がありました。

美味しそうなおやつ、
テーブルの上なんかにおいておくと、
ひたすら食べ続けたりしちゃったり…

減量中にはこうした行動は命取り…

でも大丈夫!
そんなついついなんとなくの
食べすぎを防止する方法があるんですよ!

ずばり冷凍庫で保管しちゃえば良いんです!
食べる時は解凍して少しづつ食べるようにしましょう。

保存するおやつにもよりますが
密閉容器に入れて冷凍すれば
生菓子でも約1ヶ月ぐらいは保管できますよ。

この方法なら、一気にまとめ食いも防げますし、
解凍するのが面倒なんで、
食べたい欲求にも歯止めがかかりやすいです。

こんな簡単な事で
おやつの誘惑から逃げられるなんてやるしかないですね。

解凍する手間を考えたら
もしかすると食べなくてもいいかな?
…なんて思って
ブレーキがかかるかも知れませんしね!

ちなみに
解凍する際は
洋菓子なら自然解凍、
まんじゅうなどは電子レンジで行うのが一般的。

基本的には
たいていのものは冷凍できますが、
生のくだものを使ったものや
水ようかん系は冷凍には不向きです。

判りやすく言えば、野菜にも言えますが
水分が多いものが不向きという事です。

まぁ、くだものだけだったら
冷凍したまま食べても美味しいですけど…

冷凍しづらいものを貰ったらささっと食べて、
明日からまた減量に励みましょう!

思わぬ貰い物のおやつにはこうした冷凍法を活用して、
誘惑に負けず減量を継続していきましょう!



レーシックまるわかり情報局 モバイルはこちら